2012年12月29日土曜日

仕事納め

今日29日で今年の診療は終わりました。
無事、1年が終わってほっとしていますが最後になって
少し残念なことがありました。

私の片腕である斉藤さんが今月で退職したのです。
彼女には大分助けられました。
患者さんを治療している時に私が何を考えているか、
次に何をやろうとしているのか、彼女は全部わかっているのです。




今月は28個、入れ歯を作りましたが、斉藤さんの助けがあったからこそ
これだけの事ができたわけで、あらためて彼女のまじめさ、能力に感謝しています。

そうはいっても、あと2日で年が変わります。
いつまでも感傷的になっているわけにもいかず,来年も
やるしかない。

斉藤さん、B&Wのヘッドフォンを気に入ってもらえたようでよかったです。
いい音楽をたくさん聴いてください。


2012年12月24日月曜日

e-max製作方法  ♯3






 

プレスVESTの場合


室温で開始
250℃で30分係留後850℃まで上昇
850℃で45分係留


プレスVEST Speedの場合

850℃に投入,係留45分
     





インゴットを挿入               








  プランジャーを載せる。

 
 
       





PressかFiringを選択

       




プレス開始









モニターに進行状況が表示       









             放置して冷却

        掘り出しはジスクで切断。

        私は石膏バサミでプランジャーのほうからスプルーが見えるまで
        掘り出し、後はブラスターを使用。

        下方から石膏バサミで掘り出すと、マージンが欠ける。

 
 
 
        クリストバライトのようには簡単にはいかない。

                     形が見えてきたらブラスターで注意深く、ガラスビーズ4気圧から
        2気圧で掘り出す。

  


埋没材とインゴットが焼きついて、反応層がこすったくらいでは全然取れない。
                                                               Invex Liquid


インベックス液に30分つけておき、超音波洗浄器で反応層を清掃、アルミナ1~2気圧でブラスティングして完全に除去する。

この作業を丁寧に行うことで模型上でワックスパターンと同じフィット感が得られる。
そのときの気持ちのよさはなんとも言えない。セラミック製作の独特の充実感である。

反応層がすこしでも残っていると、当然模型上で浮き上がる。適合がいまいちのときは
反応層が残っていると思って間違いない。

メタルやレジンのような収縮はないが 調整は必要。コンタクトはきつめになる。

こういった調整にけっこう時間をとられると、歯科の鋳造というものが確立された技術で
あることがわかる。

クリストバライトで真空埋没の場合は気泡がなくなるので鋳造体の内面は鏡面のようになるために適合が良くなり、そこにブラスターをかけることでセメントラインはほとんど出ない。

プレスVESTの場合は気泡がなくても粒子が大きいため空間ができそこにインゴットが入り込むために内面は細かい粒子が飛び出ていることになり、浮き上がるのである。

何しろ1分以上も時にはクラックができるぐらいの圧が加わるのだから埋没材の強度が重要になるのである。

そういったことを考慮するとCAD CAMの方が理論的には優れていることになるのだろうか。削り出すバーの形状はどう影響するのだろう。











            3個ぐらいは確実に圧入できます。
                                       自然な透明感のHTインゴット。

            ジルコニアではこの色は出ない。



                                                                    e.max Estheticsを極める

                                           2017 10/1      イボクラ創立10周年記念講演会






    2012年12月23日日曜日

    e-maxの製作方法 ♯2















     


    • 
    メーカーの指示ではブリッジは③4⑤まで可能。
    女性、ダミーが小さい場合、対合歯が義歯の場合はもっと奥まで可能。
    ダミーにはスプルーを立てない。
    接合部分を中央の一箇所に持ってくるため。




    
    





    埋没材はプレスVESTとプレスVEST Speedの2種類

         Speedは早いが発熱がけっこうあるので、ワックスパターンの変形が気になる
         が経験的には大丈夫です。
         ほとんどのラボはspeedを使っているようです。
         掘り出しは冷えたほうがすこし楽です。
    


    
    
    





    蒸留水を使って計量します。希釈率で膨張率を調整。
    そのため、インレーとクラウンを一緒に埋没しないほうが
    賢明。クラウンも円周の大きさで混水比を調整すべき。
    特にインレーは希釈率を守らないと適合が悪くなる。




    埋没材には石英粉末を含むので吸い込まないように注意。


    smart mix(白水貿易)

    錬和時間は60秒、Speedは2分30秒




     Press Vestは最短60分、24時間以内に、
    Speedは最短30分、45分以内で炉に投入。

    ネットの書き込みで、
    何回やっても射出が失敗するのでイボクラを呼んで
    プログラマットを調べてもらったら、埋没材が純正でなかった
    ことが最後に分かったとのことが載っていた。
    鋳造の埋没より神経を使って作業すべし。


    なお、これらの2種類の埋没材は2018年から新しくなります。
    1種類のみになり、埋没後30分から12時間の間に炉に入れるようになります。





                              e-maxの作り方 #3

                   








    2012年12月21日金曜日

    e-maxの作り方 ♯1



    e-maxの製作方法について説明します。





    模型分離材を塗布し、マージンワックス
    をコーテングします。














    カービングワックスで歯冠形態を築盛します。

     











    シリコンパテを使って唇面のコアを
    とります。

    これはカットバック後のスペースの
    確認とセラミック築盛時のサポート
    に使用します。













    切縁を2mm程度と唇面をカットバック
    します。


















    カットバック完了。
















    厚みの確認。

    築盛するセラミックの厚みを考慮して
    スペースを調整します。

    この形に400MPa強度のインゴットが
    圧入され、その表面に100MPaの
    emax ceramを築盛します。
    舌側は強度を考えてインゴットのまま。












    スプルーイングをします。
















    一個だけ埋没するときはスプルー
    だけ付けます。



    emaxインゴットの選択としては次の種類があります。


    レイヤリング用

    MOインゴット(ミディアムオペーシティ)
    HO(ハイオペーシティ)

















    ステイニング用

    HT(ハイトランスルーセンシー)

    ステイニング用



    ステイニング及びカットバック用


    LT(ロートランスルーセンシー)















    続く  e-maxの作り方 #2




    関連ブログ      真っ白いブリーチング色のe-max 真っ白い歯



                            新小岩 早川歯科













     

    2012年12月18日火曜日

    冬季休暇のお知らせ


    下記期間を冬季休暇のため休診とさせて頂きます。

    H24.12月30日(日) ~ H25.1月4日(金) 迄

    よろしくお願い致します。

    
    恵比寿ガーデンプレイス 
    クリスマス恒例 バカラのシャンデリア
     
     
     
     
    
    日曜日、銀座の街灯と共にカウントダウンの掲示