2013年3月25日月曜日

都内の美しい桜


こんにちは。スタッフの島崎です。


あっという間にお花見(満開)の季節が来、通り過ぎようとしています。
都内で、美しいお花見を満喫できました。



墨田区錦糸公園の河津桜(3/17撮影)




















文京区六義園のしだれ桜(3/23撮影)



























渋谷区代々木公園のソメイヨシノ(3/24撮影)






















台東区上野公園のソメイヨシノ(3/24撮影)



















桜の開花の期間は、陽のあたりなどの場所や、種類、年齢などで微妙に変わってくるそうです。
開花から満開までは暖かい日が続くと一週間位、寒い日が続くと十日以上。
満開から散り始めは三日位。
今週末には散っているのを考えると、美しいだけに少し寂しいですね。


桜の花言葉。。『優れた美人』『純潔』『精神美』『淡泊』

(島崎記)

2013年3月20日水曜日

天空の宗教都市高野山


こんにちは、受付の野本です。

先週末の続きで次に向かったのは和歌山県高野山でした・・・

登りきった場所にある山頂入口、大門25m(海抜1000m)

この町は山頂の盆地にあり、小学校、大学や役場もある。




総本山金剛峯寺 

    ここを通る僧侶は、皆一礼をして通ります。

金剛峯寺は、もともとは高野山全体を指していて、この寺は、
豊臣秀吉が建てた母の菩提寺(青厳寺)だった。


        正門の提灯にある異なる家紋
 
      左が豊臣家(青厳寺)、右が興山寺
 


          奥の院入口(中の橋)

ここから約2Kの道のり、20万基の墓を見て通り、最も神聖な場所
である空海の御廟に着く。

 豊臣秀吉の墓は巨大なのに比べ、すぐ近くにひっそりと佇む
小さな織田信長の墓・・・。その他、天皇・公家・諸大名等の
歴史上の有名人物のほとんどがここで見る事ができる。
 
 また、現在の名立たる大企業の従業員の供養等も数多く見られた・・・


 あらためて、墓の大切さが、過去・現在・未来の繁栄と繋がって
いる様な気がした。




















               徳川家零台

   中に入ると右に徳川家康、左に秀忠の廟所がある。

    これで、家康の墓4箇所をすべて拝観した。
   (他、日光東照宮、久能山東照宮、岡崎の大樹寺




九度町にある慈尊院は、
女人禁制の高野山を訪れた
母の為に空海が建てたお寺。

九度町の地名は、空海が月に九度も二十数キロを
下り、母に会いに来たとの由来から付けられたとか・・・



















 
平成27年は高野山開創1200年だそうですが、あまり宗教に関心のない私も、あらためて日本人の心の拠所の一つとして、歴史の意味を見直すきっかけとなる旅でした・・・。

(野本ひでこ)記     
 

2013年3月18日月曜日

法隆寺


こんにちは、受付の野本です。

奈良県斑鳩の地を訪ねました。

うまやどの皇子が聖徳太子なのか不明?

謎めいている法隆寺・・・・・

火事が多かった。

焼失されてしまった物は再建されるが・・・・・


飛鳥、奈良、平安、鎌倉時代と交差する大変な数の国宝と重要文化財。

敷地も広く丁寧に見るには一日では無理です。



修学旅行の生徒達に遭遇しましたが、まだ人もまばらでした。
南門道より入る総門です。



中門 日本最古の金剛力士像



日本で最初の世界文化遺産を登録  

国宝 大講堂と鐘楼、今は年中行事の時だけ鐘を鳴らす。

国宝 五重塔と金堂

五重塔は東西南北と4ヶ所の入口から僅かに覗いて

見える。荘厳な仏教美術で数ある国宝の中でも特に印象的だった。


日本書記によれば、第31代用明天皇の第二子、

うまやどの皇子は第33代推古天皇(女帝)のもとで

小野妹子を隋へ派遣(遣隋使)したと書かれている。


法隆寺はその当時盛んに取り入れた政治と仏教の

集大成であった。


池の横に・・・・・    正岡子規の俳句        


(野本 ひでこ)記

2013年3月5日火曜日

緑豊かな地 鎌倉



こんにちは、受付の野本です。


「三門」

我が家の菩提寺の大本山である建長寺を訪

 れてみました。

このお寺は鎌倉五山一位で日本最古の禅寺 

 ということです。

 けんちん汁発祥のお寺としても有名。

 日曜日の午前九時、境内は人もまばら。






「おびんずるさま」


痛いところに手を当て撫でる。

治る様な気になります。





「本尊地蔵菩薩坐像」

鎌倉時代の・・・

非常に歴史を感じる仏殿で迫力を感じます。


















国宝 「梵鐘」

自然とお寺が一体となりすばらい調和がと

れ、すっきりとした気分になります。


トレッキングの人達も目につきはじめ・・・

1時間程散策し終えた頃、観光バスが到着

混雑してきました。















この様に細い道を上がった・・・・




さらにその奥の奥にひっそりと小寺が・・・・

梅がピンクと白、咲き始めています。

何故、鎌倉にはあんなに多くのお寺があるのか?

改めて興味が湧いて来ました。

                   (野本 ひでこ)記











2013年3月4日月曜日

癒しの一日


こんにちは、スタッフの島崎です。

先日江ノ島を散策してきました。















最近の休日は寒かったので…
家に篭りきりで音楽や映画鑑賞ばかりでしたが、少しづつ日も長くなってきたので気分転換に日帰りの小旅行です。



散策していると















猫がとても多いです。
とても可愛く癒されたのですが、調べてみると捨て猫が繁殖して増えてしまったんだそうです。
江島神社の参道に猫の為の募金箱が設置してありました。







夕方からは、天然温泉江ノ島スパでゆったりとした癒しの時間を...













(写真下は、スパのレストランから見た景色です。)



江ノ島は小さな島ですが、散策したときに出会った地元の方達はとても親切で人柄が良く、あたたかみがある所だと感じました。
夏のイメージばかりでしたが、3月でも観光客は意外に多く、気軽で素敵な小旅行になりました。

(島崎 記)