2013年9月28日土曜日

閑かさや岩にしみ入蝉の声


こんにちは、受付の野本です。

今週木曜、山形市へ松尾芭蕉で有名な奥の細道の名所の一つ山寺に向かいました。



こちらの立石寺に入り正面に根本中堂がありその奥には伝教大師が灯し比叡山より

分けられた法灯があります。建立当時以来一千百数十年の間一度も消える事なく仏法

の護持を示す光として譲られたが、過去に織田信長に焼打ちで本山延暦寺の法灯が消

えた際再建時には逆に立石寺から分けたといわれています。

開祖 慈覚大師円仁(平安初期の高層)


長い石段1015段、かなり疲れました。

この長い長い石畳で芭蕉は、どんな気持ちで句を詠んだのでしょうか。

眼下を一望出来る御堂まで、あともう少し・・・


登り終わり寺を出た参道に美味しいと評判のお煎餅屋さん。
店先では、選んだお煎餅をその場で焼いてくれ香ばしいさとパリパリ感が絶妙。


次は出羽三山の一つ湯殿山へ・・・

(野本 ひでこ)記



2013年9月25日水曜日

白いバネの入れ歯

見た目がいい白いバネの入れ歯です。




アセタルという材料ですがお勧めです。

普通は入れ歯のバネは金属でつくります。





このアセタルを作る器械は数年前に発売された時に、そうとう技工所が

購入したのですが、現在ではそれほど入れ歯に使用されていないようです、

おそらく、ラボの棚の隅でほこりをかぶっているのではないかと思います。

その理由はうまく作るのがむずかしいということです。

金属のように曲げたり削ったりできないので、調整なしで一発で入れないと

だめなのです。そういったことで歯科医に敬遠されているのです。
















2013年9月24日火曜日

今日の入れ歯

上下入れ歯の新製です。







下顎舌側の骨隆起はよく見られますが、このように大きく盛り上がったのは

初めてです。この骨の出っ張りは必ず痛みが出る場所です。



今,使用中の入れ歯はあたらないように、隆起の上に入れ歯の縁がきてますが、

その縁があたって、なにも食べられないとのこと。


さて、この骨隆起をどうするか。

隆起にあたらないように、その上までで入れ歯をつくるか、リリーフして下まで伸ばすか。

上にもってくると、細い変な形になるし、強度も弱くなるし、

模型を見ながらかなり考えていましたが、下まで伸ばすことにしました。

やってみてだめだったら、又いろいろ考えるだけです。





上は総義歯ですが、上下共、適合が悪く、顎関節の動きがそうとう狂っていると

思うのと、この下の顎堤の形から、治療が終わるまでそうとう時間がかかりそうです。

又、この患者さんは84歳ですが、もう一人60歳の方で同じ条件の入れ歯を作ると仮定した

場合、84歳のほうが顎関節がいたんでいるため、より治療に費やす時間を必要とします。

つまり、入れ歯という「モノ」を売ってるのではなく、失われた機能を回復するリハビリを

行っているのです。











2013年9月21日土曜日

滑舌の悪い入れ歯

入れ歯を入れている人で、うまくしゃべれないという方がいます。

また黒柳徹子さんは以前から滑舌が悪いということをよく言われるように

なりました。私もテレビで見るたびに仕事柄、気になっていました。

歯医者の作った入れ歯が悪いように普通は思われると思いますが

原因はわかりません。

一つの推測ですが、歯科医が作った入れ歯に対してここをもっと削ってくれとか、

小さくしてくれとか、いろいろ注文をつけてへんな入れ歯になっている可能性も

あると思います。これはあくまで推測です。

よく患者さんで無理な要求をする人がいますからね。

一番多いのは、ここをもっと短くしてくれとか、薄くしてくれとかです。

割れますよと言うと。割れてもいいという。それがそのとおりになって無料で

なおしてやっているのに、すずしい顔でいる。

一番こまるのは、バネを取ってくれと言われたときです。

職人としてできないとは言いたくないので、心の乱れを表に出さず

スパットと削り出すが後のことは責任もてません。

けっこう、いるんですよ。こういった患者さん。

舌で押さえているんでしょうが、滑舌が悪くならなければいいんですけどね。

2013年9月13日金曜日

御殿場コシヒカリ



こんにちは、受付の野本です。

虫の鳴き声も蝉からコウロギに変わり、太陽の日差しも勢いが感じられなく

なってきました。


今が・・・収穫の始まりです。

至る所に流れる富士山の(御殿場裾野含む)一帯は豊富な伏流水を囲むように、水田風景

が大小点在しています。

こんなに見事な米どころとは知りませんでした。

先週はまだ早すぎて買えませんでしたが、

本日・・・新米を買うことが出来ました。



(野本 ひでこ)記

2013年9月10日火曜日

まさかの坂


 こんにちは、受付の野本です。

 御殿場にある「時之栖」の魅力は当社長である庄司清和氏のお人柄によるところが

 大きい様な気がします。

 庄司氏は米久(株)の創業者であり会社を東証一部上場に育て上げましたが、ヤオハン

 の倒産による損失責任を取って会社を去りました。

 同じ静岡を拠点として急成長したヤオハンの経営危機がすでに表面化していたにもかか

 わらず最後まで支援を続けた事は、「あいつは決して逃げない奴だ」と評価され大きな

 信用を得る事になったと、後に庄司氏は述べています。


 「人生には上り坂もあれば、下り坂もある、しかし忘れてはならないもう一つの坂が

 あります」とかつてある日の定例記者会見で述べた小泉元首相の言葉・・・

 「それは、まさか!の坂・・・」 

 「時之栖」には・・・

 サッカー場2カ所(ベッカムや日本代表も来た事があります)、テニスコート、

 御殿場高原地ビール、陶芸教室、美術館、宿泊施設、レストラン、教会、温泉等・・・

 常に活気があります。
 
 どんな時にも逃げない、経営者の理念、人格があるからこそ素晴らしい施設が出来上

 がったのだと思います。

 私も月に何度も足を運ぶお気に入りの場所です。

 (野本 ひでこ)記

保険の総入れ歯 作り方の工夫

保険の入れ歯の印象は、アルジネートで取る場合が多いと思うが、

アルジネート一発の印象では完成義歯がどのようになるかは明白です。

そこで、時間や手間をかけずに保険でもいい入れ歯を作る工夫です。

トレーレジンやオストロンで咬合床を作り、咬合採得時に床の内面にフィットチェッカー

を盛って噛んでもらうのです。つまり咬座印象です。

その印象に石膏を流してから、咬合器に付けます。

もう一回、試適時に同じことをやることもできます。その場合は完成蠟義歯を作って

おき、それを埋没するのです。、

フィットチェッカーを印象材として使えるのでは、と思ったのが20年位前で、

おそらく、どこかに同じことをやっている歯医者がいるかもしれない、と思っていたら

丸森賢二先生の「総義歯の臨床」に載っていたのにビックリした。


アルジネートはアルジエースを35年間とアローマを使っているが、一発では無理。

ダメでも、うまく使えばひょっとして、と可能性をさぐっていたがもうんざりしてきた。

アルジネート印象材はイボクラのビバールがいい、国産とは全然違う。

いずれのアルジネートもやわらかく圧をくわえないように34度から36度の水で練っている。

室温を考慮しながら、水に入れた自分の左手が熱さを決める。そば打ち職人と同じ。

口に入れてから5秒から10秒で硬化し始めたら、ころあいをみて手を離す。

そのまま硬化完了まで、祈る気持ちでじっと待つ。

20秒以内に外せれば成功。

普通は、すぐ固まらないため印象材が垂れて、隙間ができているのに気がつかない。

垂れないようにかたく練ると、顎堤に圧が加わっているため、できた入れ歯があたって痛い。

入れ歯の印象は無圧が理想。無圧の印象材は石膏か寒天だ。


昔、私の父親が石膏で印象を取っているのを見た記憶がある。

自費の場合はダイナミック印象。


なお、フィットチェッカーはガスが出るため30分以上たってから石膏を流す。












2013年9月7日土曜日

「肉エキス」の原料

週刊文春   中国産「肉エキス」 「野菜エキス」にご用心

    

牛肉エキスの原料となった牛がどんな牛で、どのように解体されたか、消費者に

知る術はない。

日本では牛の背骨など危険部位の除去をマニュアル化しているが、中国のある

屠畜場では背骨の真ん中から電動ノコギリで切断、内臓、脊髄、血液などから

牛肉エキスが抽出されるらしい。

これらが加工食品に含まれて輸入された場合は統計に含まれない。

又、食品表示も不透明になるとのこと。

仕事が忙しくて時間がないときは、インスタントラーメンをよく食べていたが、やっぱり、

そうなのか、といった感じと、たまには大丈夫だろうとも思ってしまう。



2013年9月6日金曜日

雨降る中御殿場へ


こんにちは、受付の野本です。

昨日木曜の早朝、『新幹線が一時的に運行見合わせとか、局地的に滝の様に降る雨に気を

つけてください。』等と云う女性アナウンサーの声を聴きながら、少し不安ながらも、

御殿場へ出かけました。


御殿場に着いた時は、曇っていましたが、雨は降っていませんでした。


昼食を済ませ外に出てみると晴れ間が広がり、遥か彼方に富士山、山頂付近が見えます。


時之栖施設内を散策。


木彫作家、前島秀章氏の作品が公開されています。

所狭しと作品が展示され清らかな心に触れることが出来、また動物愛を感じる作品も多々

あります。館内中が木の香りに包まれていました。

素晴らしい作品に出会えるので、是非みなさんにも来館して欲しい場所です。

残念ながら撮影禁止。欲しい作品がありましたが、ここでは販売していませんでした。


ここは、何の建物でしょう?


建物内に入ってみます。



ステンドグラスの素敵な教会でした。


時之栖内にあるこちら気楽坊温泉へ。




フィンランドのミストサウナは高温なため、改良され低温竹炭ミストサウナが考案された

とか。木の作りの部屋には1,000キロの竹炭が敷き詰められたサウナルームはとても気持ち

がよく、発汗も楽に促してくれ熱くなったら外に出てサマーベットに横になり空を見

上げれば、鳥のさえずりや、雲の流れ、夜空の星を眺めたり。

充実の空間があります。

(野本 ひでこ)記

2013年9月4日水曜日

楽しいMSP空港内、i padが充実


こんにちは、受付の野本です。

7月にアメリカへ旅行した時びっくりしたことが・・・・・

ミネアポリス・セントポール国際空港内は至る所で

i pad が配置されていました。



(ミネアポリス空港から成田空港に向かう飛行経路は気流が安定していて、ガタガタと

不安定で肝をつぶす飛行にあったことが無く飛行機もBoeing777と一番

大きいクラスの機体なので時間帯が良いときは、必ず選ぶようにしています。)



テーブルの上から簡単にオーダー。



こんな感じで、あちらこちらに配置。

おしゃれでハイセンス感じ。


昨年はアメリカ・ナンバー1の空港に選ばれたとか・・・・


すごくすごく、居心地の良い空間で待ち時間も快適です。

ただの待合所ではないのです。

最後の搭乗口付近迄も購買意欲をそそるデコレーションのショップがあったりと工夫

されていました。


私も何かよもうかな・・・・と。


(野本 ひでこ) 記