2013年11月21日木曜日

一流の上司 二流の上司

「一流の上司 二流の上司」 という本を読みました。







頭ではわかっているんですが・・・。  たまにこういった本を読んで反省します。
  
印象の残った所は
     
       「手取り足取り教える上司は、部下をだめにする」

       二流の上司は「最後は結局、自分でやる」

       「部下に教えるべき、仕事の喜びの頂点とは?」

       チームのみんなの気持ちを「明るく」せよ



成功した企業は組織の力を最大に活用できたのでしょう。
 
   

0 件のコメント:

コメントを投稿