2014年1月3日金曜日

いままでの入れ歯で苦労した方、早川歯科がお作りします

入れ歯の具合が悪くてよく食べられない場合は、作り直す必要があります。

入れ歯自体に問題があって、歯肉の状態が良好であれば、精密な型を取って

正しい技工操作を行なえばいい入れ歯を作ることができます。

歯肉の状態が悪い難症例の場合は、対応できない歯科医もいるため

入れ歯作りを得意としている経験豊富な歯科医にまかせる必要があります。

難症例の場合は骨が吸収して平らになり、歯肉も柔らかいため入れ歯が安定

しないので痛みが出ます。

また、長期間、具合の悪い入れ歯を使っていると顎の関節の動きが異常になり、

顔や顎の筋肉も本来の動きが失われます。

そのリハビリのため仮義歯を作り、粘膜調整剤を付与して使用してもらい、数ヶ月

かかって入れ歯を完成する必要があります。この仮義歯も2,3回作らなければ

ならないこともありますが、治療に要する期間は不具合の入れ歯を使っていた

期間や年齢によります。

0 件のコメント:

コメントを投稿