2015年3月20日金曜日

いいものを見つけた


当院ではアルギン酸印象時は水の温度を34度にしている。

これは口に入れてから10秒から20秒ではずすようにするため。

ある程度の時間で固まらないと垂れてきてうまくいかない。

真冬なんかは患者さんにとっても不愉快な思いをしなくてすむ。

特に入れ歯の型取りは温度を管理するかしないかで成否が決まる。

温度計も使うが、自分は職人だと思っているので手を入れて温度を

計るようにしている。30年以上もやっているので自分で手を入れてはかる

ときはばっちりだが、スタッフにまかせると、なかなかうまくいかなくて

ストレスになっていた。

もっと早くみつけていればと残念。







34度にするにはは39度ぐらいに設定

値段はアマゾンで5472円。ヨーグルトや甘酒を作るもの。













2015年3月12日木曜日

2015年3月11日水曜日

オールセラミックの値段の違い

歯の治療に関する信頼できるサイトで歯チャンネルというのがあります。

その中に次ぎのような質問と回答がありました。

質問

上の前歯4本をe.maxにしようと思っております。
 近所の歯科医院でのe.maxの料金は1本7万円で、ファイバーコアの料金も含まれているそうです。
審美歯科のホームページを見るとe.maxは10万円くらいのところが多く、ファイバーコアは別料金のところが多かったです。
近いし、今まで歯科治療をお願いしていたところなのでこの医院で治療してもらおうかと思っておりますが、料金が他に比べて多少お安いので何が違うのか疑問に思いました。
セラミックのe.max料金が安いのは何が違うのでしょうか?


回答

オールセラミック材料には現在、提供する会社によって様々な種類があります。
まずe.maxというのはIvolcar Vivadent社が扱っているオールセラミック材料です。
近年比較的よく使用されている材料ではないでしょうか。
e.maxの製作方法はご質問欄に記述されているように違います。
コンピュータによって塊から削りだす方法と(e.max CAD)、圧縮して作る方法(e,max press)とがあります。
材料においては提供元の会社から統一された材料を扱っているはずなので、ピンキ
リということはありません。
ただ歯科医師歯科技工士の技術が介入するので仕上がりは各医院によって差が生じるかと思われます。
ではなぜ料金に差があるのかという事を一般論ですが以下に述べます。
これはe.maxに限ったことではないですが、その歯科医院の経営状態や診療における時間をどれくらいかけるか(丁寧に長時間かけて治療すれば時間的コストがかかります)、その歯科医院が取引している技工所の技工料金、などなど様々な因子が関係して費用が決定されるます。


と、まあ、こんなことだと思いますが、ようするに技工料を引いて1本で5~7万円の利益がほしいのか3万の利益でいいと思うのかという問題じゃないでしょうか。
5万といってもそのなかには人件費、家賃、税金、設備投資の返済などを含むのでまるまる
ポケットに入るわけではないです。((>д<;)
また1本で5万か、数が出て2本で6万かという経営の問題でもあります。
私自身は患者さんの立場に立って満足してもらうことを考えて、相場以上にはならず、
できた物は一般よりもいいものをとの方針でやっていますが、それが実現できているかどうかは
口コミの患者さんがどのくらい増えるかで判断できると思ってやっています。
満足していない患者さんは2度とその歯科医院には行きません。




          1  高い うまい   ○
    2  高い、へた    × × × × × ・・・・
    3  安い、うまい   ◎
    4  安い、へた    ×