2017年1月29日日曜日

オールセラミックで大事なこと



ネットで見かけるオールセラミックに関する説明は長所ばかり書かれているよう

ですが、1番の問題点はCAD /CAM用に合わせて歯をかなり削るということです。



これはセラミックの講習で使われた模型ですが、練習のために色々盛り付ける

こともあり、薄い所でも2mm以上削ってあります。歯が薄くなると栄養も行き

渡らなく、その歯の寿命は短くなってしまいます。






これだけの厚みがあります。厚いほど作りやすいのですが。








何十年後かにその歯が抜けるまで、できるだけ長持ちさせることが

最も大事なことです。そのためには削る量を最小にすることです。




                      CAD/CAMだと、これでは作れません。


私が作ると、

e-max


縁の部分は鋳造メタルでのナイフエッジという薄い形態です。

中央部分で1.5mmもないですが、内部ステインで白線を入れることもできます。






                                  
                                                                      emax estheticsを極める