2017年3月4日土曜日

ノンクラスプデンチャー




4本の歯が欠損です。






正面からは金属が見えないノンクラスプデンチャーです。
クラスプとは金属のバネのことです。






裏側の見えない所には、入れ歯が沈まないようにがっちりと金属で支えています。





ノンクラスプデンチャーの素材は弾力があるため、金属がワンピースで作られていて

たわまないように作ってあります。ここが大事なところです。

ノンクラスプデンチャーは金属を全然使用しないで作ることもできますが、安定性は

劣ります。安定しないということは、残っている歯や歯肉にも害を及ぼします。

でも患者さんは金属色を嫌がります。

この入れ歯の場合、金属を使わないでピンクの材質だけで作ったらフニャ、フニャ

して、噛めたものではありません。



補強線を兼ねた金属部分はワンピースです

足立区のICデンタルアーツ製作。
早川歯科が入れ歯作りで最も信頼できる技工所です。