2017年4月27日木曜日

酸蝕歯




酸蝕歯とは歯が酸によって侵食されることです。








歯のエナメル質、象牙質が上図のように削れてしまっています。

中高年によく見られますが全体の歯に見られます。

主に酸性の食物によってこのように歯がすり減ってくると言われていますが、

それだけではないように感じます。

特別な治療法はなく、通常の虫歯の治療と同じように詰めたり、被せたりします。

マウスピースに薬物を入れて、再石灰を促しますがそれほど効果があるわけでは

ありません。

ここのところ、この症状の患者さんが立て続けに当院に来院されています。







0 件のコメント:

コメントを投稿