2017年4月20日木曜日

ジルコニアとe-maxの違い

   

先日、患者さんからe-maxとジルコニアのどちらがいいですか、と聞かれたので
こんな記事を書いてみました。      
                               
              

                             



   



                                       
審美性      

ジルコニアは色の種類が少なく、いろいろな歯の色を出すのが難しく蛍光性を有しないのに比べて、e-maxはどんな色でも出せるように、さまざまな材料がそろっています。
emaxはオパール効果、蛍光性を有するため奥歯はともかく、前歯の場合は色に関しては圧倒的にe-maxが有利です。

セラミックの美しさはその透明性にあるのですが、透明なだけに中にある土台の歯の色が透けて見えてしまいます。そのため、土台の歯が変色している場合や金属の場合には、オールセラミックのフレーム(核に当たる部分)に透明度の低い(不透明な)インゴットを使用します。その上に透明なセラミックを盛り付けることにより天然歯に近づけます。
このように、1本のオールセラミックを作るには土台の歯の色、セラミックの厚さを考えて材料の選択をするのですが、e-maxはそれらに応じた色の組み合わせが選択できるシステムになっているのです。

よく見かける説明で「e-maxは透明性が高く中の歯が透けるため、・・・」といったのがありますが、e-maxで主に使われるインゴットには透明度の高い順にHT,MT,LT,MO,HOとあり
不透明なMOインゴットを選択すれば中の色が透けることはなく、その上に透明感のあるパウダーを盛る(レイヤリング法)ことによって綺麗な色を出すことができます。e-maxが透けて中の色がどうこうというのはレイヤリング法ではなく、HTなどのインゴット単一のクラウンの場合のことではないかと思います。また、「e-maxは透明感がないので・・・」といった説明も見かけましたが、これは1番多いMOのステイン法で作ったクラウンのことだと思います。レイヤリング法で作れば問題ありません。


ジルコニアも単体では色が良くないのですが、その上にセラミックを盛れば天然歯に近づけることができます。現実的にはどのメーカーのジルコニアにどのメーカーのセラミックを使うのかということもあり、システムとしてe-maxの方が確立されています。



                 強度

強度に関してはジルコニアの方があり、ジルコニアを使わなければならない症例があります。
それは歯の間の虫歯が大きい場合のインレーと奥歯のブリッジの場合です。
歯の間まで伸びているインレーの場合は、下に歯質がなく歯肉になっているために支えがなく割れやすくなります。ブリッジの場合も欠損している部分の下が歯肉になっているため破損の可能性が大きくなります。
e-maxでもインレーの形を工夫したり、ブリッジのときは欠損部分の幅が小さいときは大丈夫です。

クラウンの場合はe-maxでも十分強度はありますのが、噛み合わせに問題があったり、スペースがないときなど強度を重視する場合にはジルコニアを選択すべきです。

強度を重視するのであれば、e-max、ジルコニア、共にステイン法にすべきです。この場合の硬さはe-maxが500Mpa,ジルコニアが1000Mpaですがレイヤリング法に比べて審美性が劣ります。


                                                                                                                     

                                                                                                                           新小岩 早川歯科





0 件のコメント:

コメントを投稿